www.uemaghreb.xyz/

子宮内を直接撮影する子宮鏡検査

子宮鏡を膣から挿入して、子宮頸部を通して子宮内腔の様子を直接観察する方法が子宮鏡検査です。特に粘膜下筋腫が発生していないかを確かめるのに有効であり、また子宮膜ポリープや子宮体がんが発生していないかなど、子宮内の別の病変を調べるのにも有効です。
よければ子宮筋腫 手術をするといいでしょう。
子宮鏡には、細いヒステロファイバースコープと、比較的太めのヒステロスコープとがあります。ヒステロファイバースコープは直径3mm程度と細いため、出産の経験がない人であっても子宮頸管を拡張することなく挿入することが可能です。麻酔を必要とすることも少ないのですが、子宮頸部が曲がっているなど、変形が起こっている人にとっては挿入が難しくなっている場合もあります。
お困りのことがあれば子宮筋腫 妊娠はどうでしょうか?
ヒステロスコープを使う場合には、直径が7mm程度と太めのため、子宮頸管を拡張する作業や麻酔などを事前に必要とします。その一方で画像が鮮明に映るほか、器具をつけて直接そのまま手術を行うことも可能となっています。